問い合わせ プライバシーステートメント
« 2006年8月 | ブログトップへ戻る | 2006年10月 »

2006年9月25日

●マツダロードスター・パワーリトラクタブルハードトップ

ご存じロードスターの新バージョン、電動ルーフの
”パワーリトラクタブルハードトップ”に試乗してきました!

ルーフの真ん中についているフックを手動で外し、
ルーフ開閉ボタンで屋根を開ける……という、オーソドックスな形式。ここまでは。
事前に聞いて知ってはいたものの、見て驚いたのは
世界初の”荷室を犠牲にしない”折りたたみ機構です!
PA0_0006.JPG
閉じた状態がコレ。

PA0_0007.JPG
んで、開き始めがコレ。ここから、通常の折りたたみ式ハードトップは
トランクルームに屋根が格納されていくのですが……

PA0_0008.JPG
ここです! わかるでしょうか?
トランクルームとリアシートの間の狭いスペースに
ルーフが分割されながら格納されます。見事!
トランクに荷物を入れておいても安心ですね。

開閉にかかる時間はわずか12秒。
ただ、クルマが動き出してしまうと開閉の動きが止まってしまうので、
調子に乗って信号待ち中にやろうとすると
中途半端な所で止まったまま走り出さざるを得なくなってしまって慌てることになります。
(実際、やって慌てました。。。)

ルックスは、さすがに開発当初からこのルーフも視野にいれて作られただけあって、
自然、というか、屋根を閉じた状態ではソフトトップよりはるかにカッコイイです。
屋根を開けていてもかっこいい。
PA0_0011.JPG

乗り味については僕自身がソフトトップの方に乗ったことがないため、
比較は出来なかったのですが、
リアがスライドを始めても簡単にスライドをコントロールできます。
屋根によって37堊加していますが、”人馬一体”は健在です。
運転しててメチャクチャ楽しいです。

ロードスターって、楽しいけど2シーターオープンで、買うか買わないかの選択を迫られると
「何かを諦める」ことを迫られるクルマなわけですが(モチロン、それがいい所でもある)、
このバージョンでは「諦めるなきゃいけないこと」がだいぶ減りました。
それでいて長所はそのまま。いいクルマだなあ〜と、しみじみ思いました。
《G》

« 2006年8月 | ブログトップへ戻る | 2006年10月 »

●ブルース、ドラマ出演!!

こんにちは!ブルースです。

おかげさまで、私、ブルース、ドラマ出演することに!
10月12日(木)21時から始まる『だめんず・うぉ〜か〜』(テレビ朝日系)ですが、
なんと共演者は藤原紀香さんと山田優さん。
はたして、どんな出演シーンか、現状では「大人の事情」により、
写真を含め詳細は明かせませんが、
sabra本誌独占で現場レポートをしていくので、
お楽しみに!!


イメージ 5.jpg

くらたまさん、あなたのおかげです♪

blues




本ブログのコメント・トラックバックに誹謗中傷や、営利目的、または記事に関係ない内容が確認された場合は、
事前の予告なく削除させていただくことがあります。本ブログの著作権はすべて小学館が保有します。
掲載の記事・写真・イラスト・動画等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。

sabra net generally content 2000-2008 shogakukan inc. all rights reserved.