問い合わせ プライバシーステートメント

2010年6月10日

津田大介さんsabra独占インタビュー4

津田大介さんsabra独占インタビューの最終章になります。

<4.ビジネス編/つぶやきを通じて表れる人間性が心を掴む>

tudadaisuke_04.jpg sabra ここ数年で増加したブロガー発の有名人のように、ツイッターを通じて多くの人と交流し、メジャーになる人も増えていきそうですか?
津田 増えていきますね。例えば、福岡に“うめけん”くんという高校生がいるんですよ。彼は中3のときに「将来福岡で起業して地域を盛り上げていきたい!」という夢を持ち、ツイッターでいろんな経営者の人を見つけてはフォローしていったんです。「話を聞かせてください」って。それがどんどんいい方向に進んでいって、こないだはソフトバンクの孫社長に会ったとも言ってましたね。
 多分、彼のように意識の高い子はどのみち表に出てきたと思うんですよ。ただ、ツイッターを活用することで世間に注目されるまでの速度がいままでよりすごく速くなってる。  一種のツイッタードリームのような感じで人気者になった彼に限らず、ツイッターを自己PRなどのメディアとして使う人も今後いっぱい出てくると思う。即ち、チャレンジしたい人にとっての機会が平等なっているのかもしれないと思いますね。
sabra ブログやUST(アップストリーム)、my spaceなどほかのメディアと連携しやすいことも有効なツイッターの活用法ですよね。
津田 ツイッター内には自分のアカウントに他のユーザーのつぶやきを転載できるRT(リツィート)のような仕組みもあるので、フォロワー同士じゃなくても情報が広がりやすい。発言と一著にブログやUSTの情報をRTで自分のフォロワー以外に広めてもらえば、自分に興味を持つ人も増えてくる。そもそもツイッターは共感が広がりやすいメディアなので。  ただ、多くのユーザーはこれをメディアだと思って使ってないと思う。共感や感動などでゆるく繋がっていく中で、フォローがどんどん増えていく人はメディア人としての意識が無意識的に芽生えてくる。そのような傾向はあると思いますね。
sabra ツイッターは情報や物事への誘導にも大きな役割を果たしていると思いますが、うまく流れに持ち込むための手法はありますか?
津田 それはやっぱりある種のギブアンドテイクだと思うんですよね。ツイッターの世界からいろいろなものを得ようと思ってるだけの人はダメ。逆に普段から自分のフォロワーやツイッター自体に貢献しようとしてる人はその人自身に自然と信頼感が生まれてくる。それがブランディングや宣伝に繋がっていく。
 様々なツイッター理論が進んでいるアメリカには『ビジネスツイッター』という約70の成功例を集めた本があるのですが、それによると成功をつかんだのは「ビジネスでこれをやった」ということではなくて。美談に繋がったのは、顧客の人と直接コミュニケーションをとる企業の担当者の人間性が見えたという事例がほとんど。陳腐な言葉ですけど、“人のあたたかみが見えるツイッター”が、ツイッターの世界では人気があるんです。
 ツイッターはものすごく人に、個人にむすびついたプラットホームなので、起業のアカウントでも企業内個人というパーソナリティーが重視されている。そういったツイッターが人気を集めているのがビジネスの世界の現状ですね。

<これからのキーワードは『ライブ感』>
sabra 話は変わりますが、ツイッター実況を意味するスラング『tsudaる』の語源って、津田さんがとあるシンポジウムをツイッターで3時間実況中継したのが始まりだそうですね。同じライターとして発想と集中力がすごいなぁと思うのですが。
津田 いや、僕からすると楽なんですよ。イベントをレポートするときってがっつりメモをとるわけですけど、帰ってからそれを記事にする作業が苦痛で苦痛で(笑)。けどツイッターでリアルタイムに中継すればイベントが終わると同時に仕事も終わるから手離れがいい。あと眠くならないというメリットもある(笑)。  それから「この人が数秒前に発言したんだな」ということが伝わると、読者側も臨場感を持って自分のことのように受け取りやすくなる。「前日にこんなイベントがあってこんなことがありました」と見るのとではライブ感がぜんぜん違う。
 僕が書いた『ツイッター社会論』も本当はサブタイトルの『新たなるリアルタイム・ウェブの潮流』というのが本題で。インターネットはこれからはリアルタイム・ウェブになっていくという、そういう話なんですよね。
sabra リアルタイムだからこそライブ感も伝わるし、いろんな人のつっこみや意見が入りやすくなる。その第三者の声が入ることでより面白いものが生まれていきそうですね。
津田 ツイッターとの連携で典型的なのはラジオ。TBSラジオの『キラキラ』では番組を聴きながらリスナーがつぶやいた内容をパーソナリティーがリアルタイムで見て、トークにも生かしているんですよ。これまでもメールやファックスで意見を募集するという相互性は合ったけど、パーソナリティーに対する直接的なメッセージや、単純にリスナーが思ったことなどを音声と画面の両方で見られようになった。そのことによってラジオの体系がよりリッチになっている。そういう意味でツイッターはあらゆるメディアとケンカしないんですよね。
 ツイッターはこれ1つで主体にもなるし、他を引き立てることもできる。ひとことでいえばよくできたダシみたいなもんですね。


これで。sabra独占インタビューは最後になります。
ご愛読ありがとうございました。



本ブログのコメント・トラックバックに誹謗中傷や、営利目的、または記事に関係ない内容が確認された場合は、
事前の予告なく削除させていただくことがあります。本ブログの著作権はすべて小学館が保有します。
掲載の記事・写真・イラスト・動画等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。

sabra net generally content 2000-2008 shogakukan inc. all rights reserved.